ピロリ菌を死滅させるには病院!!

5歳で発症するピロリ菌

普段から胃のことを考えて酒の量を抑えたり、脂っこいものを食べないように考えている人はいると思います。しかし、それでも予防できないのがピロリ菌です。そのままにしておくことで癌になるおそれがあるために、一度は検査をしたいところです。

 

胃の粘膜に住み着くピロリ菌という細菌は、現在日本人お約半数が感染しており、感染者は主に50歳以上で、若い人には非常に少ないと言われています。

 

感染が起こるのは幼児期だけで、上下水道などの衛生環境が影響することがわかっています。どうしてかというと、つまり井戸水などを毎日のように利用していることが原因です。

 

胃の中に、遺産によって強い酸性になっていますが、ピロリ菌は粘膜を通り、粘液の中に住み着き、そこでアルカリ性のアンモニアを分泌させ胃酸から見を守っているのですが、ピロリ菌はい壁にとって毒性のある物質やアンモニアを作るために、長く住み着いていると、粘膜が外居されていき、胃潰瘍や胃癌のリスクが高まってしまいます。

 

これらの病気のリスクはピロリ菌を除去することで確実に低下するために、まずは病院にて検査をすることです。

 

ピロリ菌は5歳未満の幼児期に感染すると言われ、感染後ピロリ菌はアンモニアでアルカリ性の環境を作り、酸性の胃酸から見を守るようにできています。そのために、そのままにしていると、長期間にわたりいすわり、胃を炒めてしまいますので、病院でピロリ菌を死滅させる薬を処方してもらうことが重要になります。