満腹感で寝ると胃もたれが起こりやすくなる

寝る前に意識したいこと

食生活の中で栄養のある食べ物を意識的に食べていたとしても、栄養不可になることが有り、なおかつ胃もたれが起こることが有ります。それは夜遅くにご飯を食べた時によく起こりがちです。

 

たとえば、寝る前にお腹いっぱいになるような食べ物を食べてから、30分も立たないうちに横になっていたら、やはり消化が悪くなります。

 

すると翌朝胃もたれや胃痛がして朝食を食べれなかったりします。一層のこと朝食を抜きにした方がいいのではないかと思いますが、空腹だと今度は眠れない恐れもあります。

 

これは機能性でぃスペシアなどではなく、健康内の持ち主に起こる問題で夜遅い時間に食事杯の働きに即しているためです。胃の運動には食事の噛み砕き運動と空腹時のお掃除運動を意識して行うことが重要です。

 

ではどうすればいいかというと、噛み砕き運動と、食後2〜3時間の空間をあけることです。

 

食後肺の満腹感が大きく膨らみ、消化運動が始まります。いがが膨らみ、消化運動が起こると、胃がこまめに収縮され噛み砕き運動によって内容が細かくなり長へと送り込まれてしまいます。

 

それから空腹時のお掃除時間を開けることです。深夜から明け方にかけての空腹時に、満腹感だと、胃が持たれたり胃痛が起こりやすくなります。食事をしてから2〜3時間ほど時間を開けることで、胃は大きく提示的に収縮され、日中に食べたものの残りカスや脱落したいの細胞を腸へと押し出し、お掃除運動が行われます。

 

このような時間をどれだけ考えて行えるかがとても重要です。胃は日中は噛み砕き運動を行い、夜中はお掃除運動をしていますので、夜遅くに何か食べてしまうと、寝ている間も噛砕s木運動をしなければなりません。

 

体の中の仕組みはわかりづらいことですが、毎日のように満腹感の状態で睡眠を行うと胃もたれや胃痛、吐き気が起こりやすくなるために、十分に心がけるようにしましょう。