胃腸病は薬よりも断食が大事?

食事の量を減らすことで、今までとは違った効果が期待できる

断食で胃腸病が治るケースもあるそうです。どうしても違和感を感じたら薬を服用することが多いのですが、自然治癒力で治ることもあるために、症状によってうまく使い分けることが大事。

 

消化器系ほど、回復力の早い臓器はありませんが、口の中の粘膜でも、その素晴らしさはわかります。魚のほねが刺さったりして傷ついても2、3日出来ずは消えうせるといわれている。

 

その回復力、再生力はつまり胃腸病の治り安さの証明ということになる。人間の体はある意味では本当にスゴイと思う。でも、慢性の胃腸病はどうしても治りにくい。どうしてこのようなことが起こるのか?

 

これは胃腸を休ませないからです。
胃腸病に悩んでいる人もいるかと思いますが、おそらく毎日3食きちんと食べているはずですが、実は胃腸病を改善させるには1日に1色が望ましいとのこと。

 

朝食、昼食を食べずに夕方から夜にかけて1色だけ。それも少なめで、それでいて体調は開帳になるそうです。胃腸の調子が悪い時は一日断食することもあるそうです。すると、調子は劇的に回復し、体は軽くなり、仕事は開帳にナルトのこと。

 

ようするに、胃腸を休ませることが大事になるということになります。

 

毎日のようにアルコールや脂物、糖質や炭水化物を1日に3食たくさんたべるおとで、どうしても胃壁にダメージをあたえてしまい、胃痛や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの影響が起こり、胃腸病になってしまう。この症状をできるだけ和らげるために、一日の食事の量を減らす、このちょっとした事でも、かなり効き目があるそうです。

 

 

実際に国内の実験などでも効果が出たということがわかっています。