胃の予防・治療法について

胃潰瘍と十二指腸潰瘍について

胃液によっては胃や十二指腸が傷つき、えぐれた状態で、症状が異なると言われています。胃液には、食べ物を消化したり、細菌を殺したりと、とても重要な役割を果たしてくれます。

 

目では見えない部分ですが、この胃液がしっかりと活動してくれるから、毎日食べている食べ物を消化し、様々な期間に運んでくれる。

 

健康的な胃は、粘膜に炎症やむくみなどの異常がなく、至ってきれいな状態と言われています。普段の食生活で健康的なものを食べ、ストレスのない生活を送る。これが理想的だと言われています。

 

しかし、アルコールや油の多いものを毎日のように吸収したり、過剰なストレスを貯めこむことで、胃の表面がえぐれた状態で、患部の周りがむくんだ状態になり「胃痛、胃のもたれ、むかつき、食欲不振」などが起こってしまいます。

 

初期の段階で、胃薬を服用すれば、改善しますが、そのまま放置すると、どうしても症状が悪化しやすくなる重症になると、「吐血、貧血、下血」になるために、少しでも違和感を感じたら、近くの病院で診てもらうこと。

 

 

胃は、胃壁が影響を受けないので、表面を粘膜が防御反応を持っているため、この機能が低下することで、胃液によって胃壁が傷つき、えぐれた状態になると言われている。これが胃潰瘍で、同様の状態が十二指腸で起きたのが十二指腸潰瘍となります。

 

胃潰瘍や十二指腸潰瘍があると、胃痛や胸の胃もたれ、などの症状が現れ、出血がれば吐血や便が黒くなったり、胃がんなどにも関係しますが、まれに最初から重い症状が現れることもあるそうです。