食後すぐに眠くなる

胃に負担をかけないことが重要になります

食事をした後に眠気が起こるのは当たり前だと思います。ただし、食後に横になると、胃に対する逆流のおそれがあるために、食後の意識が必要ですね。

 

胃酸が逆流する原因には胃酸過多、食道の筋力低下、また感受性の強さなどが考えられ、特に中高年お男性は胃酸過多が起こりやすいことがわかっています。

 

そのため、食事をした後は横にならないほうが良いと言われていますが、わかって入るのですが、すぐに眠りに入ることが多かったりします。脂肪分の多い食事を長年撮ってきたことなどから、胃酸が過剰に出やすくなります。

 

食道の筋力が低下し、食べ物を胃へ送り込みにくくなり、また糸井の境目の下部食道が緩み、胃酸が逆流しやすく、吐き気や胃痛などが起こりやすくもなります。脂肪分の摂り過ぎで、ストレスなども起こるために、普段からの食事管理には意識したいものです。

 

胸やけ、吐き気、喉の違和感、食欲不振にもつながってしまいます。

 

何かが起こってからではなく、どのようなことをしたら良いのかを考えておくことで、胃に対する負担を押させることにつながります。