呼吸を大きくすることが大事!!

深呼吸をすることで胃の負担を和らげる
胃の痛みが原因で精神的な病気になることも有ります。胃とストレスにはどのような関係があるのかというと、これは胃はセロトニンを作る役割があるからです。

 

一般的に、ストレスは過敏性症候群が有り、直接的に引き起こすことがわかっています。ストレスを受けると、長官に神経伝達物質のセロトニンが過剰に分泌されると、今度はセロトニンが過剰に増えてしまいます。

 

セロトニンと聞くと脳をイメージするひとが多いと思いますが、体内のセロトニンの9割以上が腸管内に惣菜して、ストレスで超簡易内のセロトニン分泌が盛んになりすぎてしまい、腸の運動リズムが変調し、下痢や腹痛を引き起こすことがわかっています。

 

そのため普段からの胃に対する工夫をすることが大事です。例えば寝る前にゆっくりと10回ほどの深呼吸をすることでも、胃に対する負担を和らげることにつながります。

 

鼻から息を吸い込み、そこから胸にいきを送り込みます。するとお腹が膨らむのを感じ、お腹を凹ませ口から息を吐きます。

 

すると、胃に対する負担を和らげることに繋がるわけなんですね。毎日のように繰り返すことで、ストレスにもつながり、胃からのセロトニンに対する作用にもつながります。