ムコスタの効果で胃もたれや胃潰瘍に効き目あり!!

胃潰瘍・胃もたれにムコスタ

胃もたれやみぞおちの鈍い痛みを感じていたために、ムコスタを服用しました。
薬

 

2〜3ヶ月前からムカムカするような胃もたれを感じ、食後になるとみぞおちがチクチクするような痛みが起こっていました。

 

それから、黒っぽい便が出るようになり、かなり不安で気になっていました。
暗闇」

 

実はいろいろと調べてみると、「胃もたれ、みぞおちの痛み、黒い便」は胃潰瘍の特徴的な症状だそうです。
黒い便が出るということは、胃で出血が起きていることが考えられ、血液が胃酸で黒く変色するため、黒い便になるとのこと。

 

そこで、最初に私が服用した薬が鎮痛剤のロキソニンです。・・・しかしこれは失敗です。
たしかに鎮痛薬は痛みを緩和しますが、あくまでも最初だけ、、、。

 

胃の痛みに鎮痛薬の使用は厳禁で、痛いからと解熱鎮痛薬を飲んでも意味が無く、逆に副作用で潰傷を生じる可能性が高いそうで、使用は厳禁だそうです。。。

 

 

薬を選ぶときは、ある程度調べてから服用したいもの。
ムコスタ

 

そんなことから胃潰瘍や胃痛の薬「ムコスタ」に乗り換えました。

 

 

ムコスタは胃の粘膜を増やし、粘膜の血流を促してくれるため、胃壁自体の胃酸に対する防御能力をアップしてくれます。

 

このような効果は、”胃酸分泌をコントロールする”というよりも、胃の防御機構を改善してくれる作用になるため、胃潰瘍や胃もたれ、十二指腸潰瘍などに効き目を発揮してくれます。

 

ジェネリックムコスタの詳細について >>

 

 

 

ムコスタは通販?病院?

胃潰瘍の薬は何種類か販売されており、市販薬でも10種類以上もあります。
薬の写真

 

このムコスタは、特に胃潰瘍や胃炎を治療するときのスタンダードな存在として知れわたっており、病院でも利用率が高いとのこと。

 

ただ、現在のところムコスタは市販薬としては販売されておらず、購入に関しては病院と通販(個人輸入)の2種類になります。
病院

 

やはり体のことを考えると、最初はなるべく医療機関を受診することが望ましくなるかと思います。
病院の医師のもとで、ムコスタなど胃薬を処方してもらうことで、改善につながると思います。

 

 

ただし、胃の調子は悪いんだけど、どうしても仕事の影響で病院に行く時間を取ることができない、という人に通販をうまく利用することができます。

 

通販の場合、わざわざ病院に行く手間を省けたり、早めにムコスタなどの薬を入手して常備しておく事ができます。

 

 

病院で処方されるムコスタは1錠あたり16円で処方されていますが、通販だと1錠で約40〜50円(1箱100錠)。
お金

 

価格だけを比較すると病院の方が安いのですが、その他に「初診代、検査代、移動代」など病院の場合はもろもろ費用がかかります。

 

それに引き換え、通販は手数料や送料など無料で購入できるお店があり、実質的に薬だけの金額になるため、総合的に考えると、病院も通販も金銭的にはそこまで変わりはないかと思います。

 

 

薬の価格だけでなく貰うまでの手間も考えたうえで、「病院or通販」での処方をしてもらうべきか、検討してみてはいかがでしょうか。

 

ジェネリックムコスタの詳細について >>

 

 

 

ムコスタの効果「成分レバミピド」

胃の痛みや胃潰瘍の原因としては食事やストレスなどが関係すると言われています。
原因

 

そのために、普段の生活環境を改善させることが重要になりますが、意識をしていてもなかなかうまく改善することができない。

 

そこで利用するのが有効成分レバミピドが含まれているムコスタになります。

 

胃潰瘍は、胃壁の表面に炎症が起こりただれてしまい、筋肉層までえぐられる一種の病気で、強い腹痛や胸の痛みを感じてしまいます。
胃潰瘍

 

そのままにしておくことで、症状が広がると言われているために注意。

 

食事やストレスが県警し、胃液の攻撃因子と防御因子のバランスを上手く取ることができずに胃壁が消化してしまい、「胃潰瘍、胃もたれ、黒い便、十二指腸潰瘍」が起こってしまう。

 

ムコスタの成分であるレバミピドには、プロスタグランジンと呼ばれる胃の粘膜を増やす、強くする作用があるため、胃潰瘍や胃もたれの改善に効果が期待できます。

 

 

胃粘膜を強くするためにキャベツなどのビタミンUを意識的にとれば粘膜を修復する効果があると言われていますが、実際の研究では、食生活だけでは改善することは難しいと言われているために、胃潰瘍や胃の違和感を感じた場合は、できるだけ早めに胃薬を服用し、症状をやわらげることが大切になります。